コマンドの機能と使用方法
MS-DOS関連 → mcd
mcd

Solaris FreeBSD Linux
MS-DOSでワーキングディレクトリを変更

機能

MS-DOSシステムで指定したディレクトリにワーキングディレクトリを変更する。引数なしの場合は、現在のワーキングディレクトリを表示する。

形式

mcd [directory]

コマンド例

mcd 現在のワーキングディレクトリを表示する
mcd directory1 directory1にワーキングディレクトリを変更する


関連ページ

mcopy ・・・MS-DOSファイルをコピー
lpstat ・・・プリントサービスの状態を表示
man ・・・コマンドのマニュアルを表示
rlogin ・・・ホストコンピュータにログイン
mdir ・・・MS-DOSのディレクトリ・ファイルを表示
cal ・・・カレンダーを表示させる
at ・・・指定時刻にジョブを自動実行