コマンドの機能と使用方法
ジョブ → at
at

Solaris FreeBSD Linux
指定時刻にジョブを自動実行

機能

標準入力や指定したファイルからコマンドを読み込み、指定した時刻に実行する。

形式

at (option) [time]

オプション

オプション 機能
-c シェル環境をcshで実行する
-d [num]
(Solaris:-r [num])
[num]で指定したジョブ番号のジョブを削除する
-f [file name] 標準入力ではなく、指定したファイルからコマンドを読み込む
-l (num) ジョブを表示する
-m ジョブの終了通知をメールで送信する

コマンド例

at 18:00 18時にコマンドを実行する
at -f ex.sh 0600 6時にex.shのコマンドを実行する
at -l 登録されているジョブを表示する
at -d 12 12番のジョブを削除する

その他

atはユーザが/etc/cron.d/cron.allowに登録されている場合、または/etc/cron.d/cron.allowがなく/etc/cron.d/cron.denyに登録されていない場合にのみ、実行できる。


関連ページ

atq ・・・ジョブの一覧を表示
telnet ・・・ホストコンピュータにログイン
batch ・・・システム負荷状況によってジョブを自動実行
jobs ・・・ジョブの状態を表示
alias ・・・コマンドの別名(エイリアス)を登録
atrm ・・・ジョブを削除
ps ・・・プロセス状態の表示