コマンドの機能と使用方法
圧縮・展開 → uuencode
uuencode

Solaris FreeBSD Linux
バイナリファイルのエンコード

機能

電子メールなどASCII文字形式のデータでしかやり取りできない際に、バイナリデータを変換する。指定したファイルを読み込んで標準出力に表示する。ファイルとして出力するには、リダイレクトによりファイルへ書き込む。デフォルトでは標準的なUUエンコーディング形式が使われる。

形式

uuencode (option) [target_file] (decode_name)

オプション

オプション 機能
-m Base64形式でエンコーディングする
-o file 標準出力ではなくfileに出力する(FreeBSD Only)

コマンド例

uuencode -m archive.tar.Z >Base64EncodeFile 「archive.tar.Z」をBase64形式でエンコーディングする
uuencode -m archive.tar.Z | mail foo@bar.com 「archive.tar.Z」をBase64形式でエンコーディングしてメール送信する

その他

エンコードされた形式では、35%ほどサイズが大きくなる。これは3バイトのデータが4バイト+制御情報になるため。compress、tarや各種zip形式などで圧縮してからuuencodeを実行すると、ファイルサイズの増加を回避できる。


関連ページ

uudecode ・・・uuencodeで作成されたファイルのデコード
zip ・・・zipファイルの圧縮
vi ・・・テキストの編集
tar ・・・tarファイルの圧縮・展開
gzip ・・・gz(gzip形式)で圧縮・解凍
find ・・・どこにあるか分からないファイルを検索
ls ・・・ファイル・ディレクトリの情報を表示