コマンドの機能と使用方法
vi

Solaris FreeBSD Linux
テキストの編集

機能

テキストを表示・編集できる。

形式

vi (option) [file name]

オプション

オプション 機能
-b バイナリモード
-R 読み込み専用モード
+line 指定行から編集開始
-r 編集を中断した際に復元

コマンド例

vi file1 file1をviで開いて編集する
vi -R file2 file2を読み込み専用モードで開く

操作方法

編集モード カーソル操作
k 1文字上に移動
j 1文字下に移動
h 1文字左に移動
l 1文字右に移動
- 前行の先頭に移動
+ 次行の先頭に移動
O 行頭に移動
$ 行末に移動
編集モード 文字の追加・挿入
a カーソルがある位置の次から文字列を挿入(カーソルの右側)
i カーソルがある位置に文字列を挿入(カーソルの左側)
o 空行を挿入
yy カーソルがある行全体をコピーバッファに入れる
p カーソルがある行の次の行にコピーバッファの内容を挿入
ESC 文字の編集を終了
編集モード 文字の削除
x カーソル位置の文字を削除
dd カーソル位置の行全体を削除
D カーソル位置から行末までを削除
コマンドモード ファイルの読み込み・保存
:w ファイルをセーブ
:w [file name] ファイル名を指定してセーブ
:r [file name] カーソル位置に指定したファイルを読み込む
:e [file name] 新規ファイルとして編集
:q viを終了
:q! セーブせずにviを終了
コマンドモード 検索
/[文字列] カーソルから後の文字列を検索
?[文字列] カーソルより前の文字列を検索
n 後方検索
N 前方検索


関連ページ

cp ・・・ファイル・ディレクトリをコピー
find ・・・どこにあるか分からないファイルを検索
chmod ・・・パーミッション(所有権)の変更
ls ・・・ファイル・ディレクトリの情報を表示
rm ・・・ファイル・ディレクトリを削除
cat ・・・ファイルを連結して表示
grep ・・・ファイルからパターン検索