コマンドの機能と使用方法
grep

Solaris FreeBSD Linux
ファイルからパターン検索

機能

ファイルに対してパターンマッチングを行い、マッチする行を出力する。

一部の正規表現を使用することが可能。検索対象が指定されない場合は、標準入力に対してパターンマッチングを行う。複数のファイルを同時に検索することも可能。

形式

grep (option) [検索文字列] [file name]

オプション

オプション 機能
-b 行のブロック番号をつける
-c パターンに一致した行の行数のみを出力する
-h 複数ファイルを指定した際に、ファイル名を出力しない
-i 大文字と小文字を区別しない
-l パターンに一致した行を含むファイル名だけを出力する
-n パターンに一致した行のファイル内での行番号を表示する
-s エラーメッセージのみを表示する
-v パターンに一致しない行を表示する

正規表現

条件 ※(char)は文字(列)を表す
\(char) charの特殊な意味をなくす
^(char) 行の先頭
(char)$ 行の終わり
.(char) 任意の一文字
[abc] / [a-c] abcのうち一文字
[^abc] / [^a-c] abc以外の一文字
(char)* 0回以上の繰り返し

コマンド例

grep 'abc' file1 file1から文字列abcを含む行を検索する
grep -c '^abc' file2 file2から行頭がabcの行数を出力する


関連ページ

find ・・・どこにあるか分からないファイルを検索
ls ・・・ファイル・ディレクトリの情報を表示
cat ・・・ファイルを連結して表示
wc ・・・テキストファイルの行数・単語数・バイト数を表示
cp ・・・ファイル・ディレクトリをコピー
less ・・・テキストを見る
ps ・・・プロセス状態の表示