コマンドの機能と使用方法
cp

Solaris FreeBSD Linux
ファイル・ディレクトリをコピー

機能

ファイルやディレクトリをコピーする。複数ファイルを指定するときはスペースで区切る。ワイルドカードの使用もできる。

形式

cp (option) [source file] [target file]

オプション

オプション 機能
-a できるだけ属性や構造を保持する
-b 同名ファイルはバックアップして保存する
-d コピー元がリンクファイルの場合はリンクファイルをコピーする
-f 同名ファイルを警告せずに上書きする
-i 上書きするファイルは問い合わせる
-p パーミッションやタイムスタンプを保持したままコピー
-r ディレクトリを再帰的にコピーする
-s コピー元へのリンクファイルを作成する
-u 同名ファイルは最終更新日付を比較して古いときのみ上書きする
-v コピー前にファイル名を表示する

コマンド例

cp file1 file2 違う名前で同一ディレクトリにコピー
cp /home/user1/*.html /home/user2 user1以下のすべてのHTMLファイルをuser2にコピー


関連ページ

rm ・・・ファイル・ディレクトリを削除
mv ・・・ファイル・ディレクトリ移動・名前変更
find ・・・どこにあるか分からないファイルを検索
chmod ・・・パーミッション(所有権)の変更
ls ・・・ファイル・ディレクトリの情報を表示
mkdir ・・・フォルダの作成
tar ・・・tarファイルの圧縮・展開