コマンドの機能と使用方法
ln

Solaris FreeBSD Linux
リンクファイルの作成

機能

ファイルやディレクトリへのリンクファイルを作成する。リンクファイルには、ハードリンクとシンボリックリンクがある。
ファイルは複数指定が可能。その場合はスペースで区切って指定するか、ワイルドカードが使用できる。またその際には、リンクファイルを作成するディレクトリを引数に指定する。

形式

ln (option) [file / directory name] [linkfile / linkdirectory name]

オプション

オプション 機能
-s シンボリックリンクを作成する
-f 同一名のファイルがあっても問い合わせなしに上書きする
-i 同一名のファイルがあった場合に問い合わせをする
-b 同一名のファイルがあった場合にバックアップ後に問い合わせなしに上書きする
-n 同一名のファイルがあった場合に処理を中止する。
-v 処理内容を出力する

コマンド例

ln file1 link1 link1というリンクファイル(ハードリンク)を作成する
ln -s file* /home/dir1 file*の条件に合うファイルのリンクファイル(シンボリックリンク)を/home/dir1に作成する


関連ページ

ls ・・・ファイル・ディレクトリの情報を表示
find ・・・どこにあるか分からないファイルを検索
cp ・・・ファイル・ディレクトリをコピー
rm ・・・ファイル・ディレクトリを削除
history ・・・コマンド履歴の表示
chmod ・・・パーミッション(所有権)の変更
tar ・・・tarファイルの圧縮・展開