コマンドの機能と使用方法
sort

Solaris FreeBSD Linux
行を並び替える

機能

ファイル内データを行単位でソートする。

形式

sort (option) [file]

オプション

オプション 機能
-b 行頭の空白を無視する
-c すでにソートされているかチェックする
ソートされていなければ戻り値として"1"を返す
-d 英数字・空白のみを使ってソートする
-f 大文字と小文字の区別をしない
-n 数字とみなしてソートする
+n n番目(0,1,2...)のフィールド以降をキーとしてソートする
-m m番目(1,2,3...)のフィールドまでをキーとしてソートする
-o [file] 指定したファイル名で出力する
-r 逆順にソートする
-t [char] 指定した文字をソートの区切りとする
-u 同一の行をまとめて表示する

コマンド例

sort sample1 行全体をキーとしてASCIIコードの昇順(0-9,A-Z,a-z)に並べ替えて表示する
sort -r sample2 > result sample2を逆順にソートしてresultを作成する
sort -n sample3 sample3を数字順にソートする


関連ページ

uniq ・・・ファイルの重複行を削除して表示
find ・・・どこにあるか分からないファイルを検索
split ・・・ファイルの分割
wc ・・・テキストファイルの行数・単語数・バイト数を表示
grep ・・・ファイルからパターン検索
cat ・・・ファイルを連結して表示
ls ・・・ファイル・ディレクトリの情報を表示