コマンドの機能と使用方法
split

Solaris FreeBSD Linux
ファイルの分割

機能

一つのファイルを複数のファイルに分割する。分割後のファイル名は接頭語+「aa」、「ab」、「ac」のようになる。分割後も元のファイルは削除されずにそのまま残る。分割するファイルが複数のときは空白で区切る。ワイルドカードでの指定もできる。

形式

split (option) [source file] (prefix)

オプション

オプション 機能
-b 指定したバイト数で分割
キロバイトは末尾に「k」、メガバイトは末尾に「m」を付ける
-l 指定した行数ごとに分割

コマンド例

split -b 100k file1 file1を100KBごとに分割
split -l 1000 file2 file2を1000行ずつに分割
split -b 1m file* test 名前がfileで始まるファイルを1MBごとに分割し、ファイル名の頭にtestを付ける


関連ページ

merge ・・・ファイルの結合
cat ・・・ファイルを連結して表示
sort ・・・行を並び替える
find ・・・どこにあるか分からないファイルを検索
touch ・・・ファイルの最終アクセス日時と最終更新日時を変更
wc ・・・テキストファイルの行数・単語数・バイト数を表示
grep ・・・ファイルからパターン検索