コマンドの機能と使用方法
その他 → gcc
gcc

Solaris FreeBSD Linux
C言語のコンパイルを実行

機能

C言語で書かれたプログラムのコンパイルを実行し、実行ファイルを生成する。デフォルトでは、「a.out」というファイルが生成される。

形式

gcc (option) [file name]

オプション

オプション 機能
-o [output] 出力ファイルを指定する
-c コンパイルとアセンブルを実行する
-S コンパイルだけを実行してアセンブリ言語ファイルを生成
-E プリプロセッサ適用後のc言語のソースコードを出力する
-g デバッグ情報を埋め込む
-v コンパイラの現在の実行を表示する
--help ヘルプを表示する
--version バージョン情報を表示する

コマンド例

gcc file1.c file1をコンパイルする
gcc -o file2 file2.c file2.cからfile2というファイルを生成する


関連ページ

man ・・・コマンドのマニュアルを表示
cal ・・・カレンダーを表示させる
cd ・・・ディレクトリの移動
chmod ・・・パーミッション(所有権)の変更
grep ・・・ファイルからパターン検索
find ・・・どこにあるか分からないファイルを検索
cp ・・・ファイル・ディレクトリをコピー