コマンドの機能と使用方法
その他 → nkf
nkf

Solaris FreeBSD Linux
日本語の文字コードを変換

機能

ファイルの文字コードを変換して出力する。指定できる日本語文字コードには、JIS、EUC、シフトJIS(SJIS)などがある。対象ファイル名の指定にはワイルドカードの使用も可能。

形式

nkf (option) [file]

オプション

オプション 機能
-j JISコードに変換して出力する(デフォルト)
-e EUCコードに変換して出力する
-s シフトJIS(SJIS)コードに変換して出力する

コマンド例

nkf -e SJIS_File > EUC SJISコードのファイルをEUCコードに変換して「EUC」として出力する
nkf -j JIS_File > EUC JISコードのファイルをEUCコードに変換して「EUC」として出力する
nkf -s EUC_File > SJIS EUCコードのファイルをSJISコードに変換して「SJIS」として出力する


関連ページ

quota ・・・ディスク利用量の確認
man ・・・コマンドのマニュアルを表示
find ・・・どこにあるか分からないファイルを検索
mv ・・・ファイル・ディレクトリ移動・名前変更
grep ・・・ファイルからパターン検索
passwd ・・・パスワードを変更する
cp ・・・ファイル・ディレクトリをコピー