コマンドの機能と使用方法
ping

Solaris FreeBSD Linux
ホストコンピュータとの接続を確認

機能

ネットワーク上に小さなパケットデータを送信することにより、ホストコンピュータと接続されているかを確認できる。通常はホストコンピュータの応答情報が表示される。

形式

ping (option) [host name]

オプション

オプション 機能
-c [number] パケットの送信回数を指定する
-i [number] パケットの送信間隔を秒単位で指定する
-s [size] パケットのデータサイズを指定する

コマンド例

ping 192.168.1.1 192.168.1.1にpingを送信する
ping -i 5 www.samplehost.com www.samplehost.comにpingを5秒間隔で送信する


関連ページ

ifconfig ・・・ネットワークインターフェース情報の表示・設定
rlogin ・・・ホストコンピュータにログイン
ftp ・・・FTPを使用してファイルを転送
ps ・・・プロセス状態の表示
telnet ・・・ホストコンピュータにログイン
hostname ・・・ホストコンピュータの名前を表示・設定
find ・・・どこにあるか分からないファイルを検索