コマンドの機能と使用方法
scp

Solaris FreeBSD Linux
リモートホストとの間でファイル・ディレクトリをコピー

機能

リモートホストとの間でファイルやディレクトリをコピーする。SSHによって暗号化される。設定によってはパスワードの入力を求められる。

形式

scp (option) [source file] [target file]

オプション

オプション 機能
-r ディレクトリを再帰的にコピーする
-p パーミッションやタイムスタンプを保持したままコピー
-v 詳細な経過情報を表示する
-C 通信を圧縮する
-F FileName SSHの設定ファイルを指定する
-P PortNumber 通信するポート番号を指定する
-1 SSHv1を利用する
-2 SSHv2を利用する
-4 IPv4を利用する
-6 IPv6を利用する

コマンド例

scp /tmp/file1 user@test.local:/home/user /tmpにあるfile1をホストtest.localの/home/userにコピー
scp -r /tmp/ user@test.local:/tmp /tmp以下全てをtest.localの/tmpにコピー


関連ページ

cp ・・・ファイル・ディレクトリをコピー
ftp ・・・FTPを使用してファイルを転送
rlogin ・・・ホストコンピュータにログイン
tcpdump ・・・ネットワークのパケットを取得
find ・・・どこにあるか分からないファイルを検索
tar ・・・tarファイルの圧縮・展開
rm ・・・ファイル・ディレクトリを削除