Windowsの便利な使い方
ディスク操作 → chkntfs
chkntfs
起動時のディスクチェックを設定する
2000 XP Home XP Pro Vista 7 8

機能

起動時のNTFSドライブのディスクチェックを設定できる。このコマンドはチェックの有無をスケジュール管理するだけで、実際のチェックはCHKDSKにて行われる。

形式

CHKNTFS (option) [volume]



オプション

オプション 説明
/d 設定を既定値に戻す
/t:sec カウントダウン時間を設定する
時間を設定しなければ設定値を表示する
/x 対象から外すボリュームを指定する
/c 起動時にチェックを実行するボリュームを設定する

コマンド例

chkntfs C: Cドライブの設定状態を表示する
chkntfs /c C: 次回起動時にCドライブをチェックする
chkntfs /x D: 次回起動時にDドライブをチェックしない

実行例

C:?>CHKNTFS c: 
ファイル システムの種類は NTFS です。 
C: は正常です。

C:?>chkntfs /c C:

C:?>chkntfs /x D: 
ファイル システムの種類は NTFS です。

C:?>

その他

オプション無しで実行すると、指定したドライブのエラー有無、次回再起動時に確認されるかが表示される。


関連ページ

chkdsk ・・・ディスクの状態をチェックする
defrag ・・・ディスクを最適化する
shutdown ・・・シャットダウン・再起動やログオフをする
xcopy ・・・ファイルをディレクトリ構造ごとコピーする
vol ・・・ディスクのボリュームラベルを表示する