Windowsの便利な使い方
arp
IPアドレスとMACアドレスの対応付けを表示・変更する
2000 XP Home XP Pro Vista 7 8

機能

IPアドレスとMACアドレスの対応付けを確認・変更する。

形式

arp (option)



オプション

オプション 説明
-a (IP address) ARPキャッシュテーブルからエントリを表示する
-d [IP address] (Interface) ARPエントリを削除する
-g -aと同じ
-N [Interface] 指定したインタフェース番号のARPエントリを表示する
-s [IP address] [Mac Address] (Interface) ARPテーブルに追加する

コマンド例

arp -a ARPテーブルを表示する
arp -s xxx.xxx.xxx.xxx 00-00-00-00-00-00 エントリをARPテーブルに追加する

実行例

C:\>arp -a

Interface: 192.168.0.7 --- 0x2
  Internet Address      Physical Address      Type
  192.168.0.1           00-40-26-fc-f8-06     dynamic

C:\>arp -d 192.168.0.1

C:\>arp -a
No ARP Entries Found

C:\>



関連ページ

getmac ・・・コンピュータのMACアドレスを調べる
netstat ・・・ネットワーク接続状況を確認する
ipconfig ・・・ネットワークアダプタのIP情報を表示・更新する
tracert ・・・ネットワーク経路をリスト表示する
nbtstat ・・・プロトコルの統計と現在のTCP/IPネットワ ーク接続を表示する