コマンドの機能と使用方法
date

Solaris FreeBSD Linux
現在時刻を表示

機能

現在の時刻を表示できる。

形式

date (option)

オプション

オプション 機能
-u グリニッジ標準時で表示
+[表示形式] どのように表示させるか決められる
文字列 表示
%H 時(00-23)
%I 時(01-12)
%k 時(0-23)
%l 時(1-12)
%M 分(00-59)
%S 秒(00-59)
%T 24時間形式(hh:mm:ss)
%A 曜日(Sunday-Saturday)
%B 月(January-Decenber)
%D 日付(mm/dd/yy)
%m 月(01-12)
%d 日(01-31)
%y 年(00-99)
%Y 年(1970-)

コマンド例

date システムの標準形で日付と時間を表示
date +"%Y/%m/%d" 2002/01/01などと、現在の日付を指定した形式で表示


関連ページ

find ・・・どこにあるか分からないファイルを検索
env ・・・環境変数の表示・設定
cp ・・・ファイル・ディレクトリをコピー
chsh ・・・ログインシェルの変更
ls ・・・ファイル・ディレクトリの情報を表示
rm ・・・ファイル・ディレクトリを削除
cat ・・・ファイルを連結して表示