コマンドの機能と使用方法
システム関連 → shutdown
shutdown

Solaris FreeBSD Linux
システムをシャットダウン

機能

システムを安全に終了させる。実行すると、既にログインしているユーザに終了メッセージが伝えられ、新規ログインもできなくなる。

形式

shutdown (option) (message)

オプション

オプション 機能
-f 再起動時にファイルシステムのチェック(fsck)を行わない
-h システムを終了する
-r システムを再起動(リブート)する
オプション(Linux/FreeBSD) 機能
-c 実行中のshutdownコマンドをキャンセルする
-k システム終了は行わず、ユーザへのメッセージ通知のみ実行する
-t sec 指定秒数後にシステムを終了する
+n n分後にシステムを終了する
hh:mm hh:mmにシステムを終了する
オプション(Solaris) 機能
-g +n n分後にシステムを終了する

コマンド例

shutdown -h now 直ちにシステムを終了する
shutdown -t 10 -r 10秒後にシステムを終了する
shutdown -h +20 Msg Msgをユーザに通知し、20分後にシステムを終了する


関連ページ

su ・・・ユーザーの切替、管理権限の取得
find ・・・どこにあるか分からないファイルを検索
kill ・・・プロセス・ジョブを強制終了
rm ・・・ファイル・ディレクトリを削除
ps ・・・プロセス状態の表示
chmod ・・・パーミッション(所有権)の変更
cp ・・・ファイル・ディレクトリをコピー