Windowsの便利な使い方
fc
2つのファイルを比較して違いを表示する
2000 XP Home XP Pro Vista 7 8

機能

2つのファイルを比較して相違点を表示する。基本的には、行単位でテキストファイルを比較するのに使用する。

形式

fc (option) [file1] [file2]



オプション

オプション 説明
/A 違いのある部分ごとに先頭行と最終行だけを表示する
/B バイナリモードで比較する
※比較ファイルの拡張子が.exe、.com、.sys、.obj、.lib、.binの場合は既定モードになる
/C アルファベットの大文字と小文字を区別しない
/L ファイルをASCIIテキストとして比較する(デフォルト)
/LB[num] 連続する最大相違行数を指定する(デフォルト:100行)
※比較中に不一致行がこの数を超えて連続する場合は、比較が取り消される
/N ASCIIテキストとして比較する際に行番号を表示する
/OFF[LINE] オフライン属性が設定されたファイルを比較対象とする(WinXP)
/T タブをスペースに変換しない(省略時:タブ1つ=スペース8文字)
/U Unicodeテキストとしてファイルを比較する
/W 連続した空白(タブ&スペース)を1つのスペースとして比較する
※行頭と行末にある空白文字は無視される
/NNNN 不一致発見後に確認する、一致すべき連続行数を指定する(デフォルト:2)
※これより小さいと、一致する行も相違点として表示される

コマンド例

fc test1.txt test2.txt test1.txtとtest2.txtを比較する
fc /n test1.txt test2.txt 比較結果を表示する際に行番号も表示する
fc /a test1.txt test2.txt ファイルをASCIIモードで比較し、結果を省略形式で表示する
fc /b test1.bat test2.bat ファイルをバイナリモードで比較する

実行例

Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\>del C:\test\

C:\>fc test1.txt test2.txt
ファイル test1.txt と TEST2.TXT を比較しています
FC: 相違点は検出されませんでした


C:\>
C:\>fc /n test1.txt test3.txt
ファイル test1.txt と TEST3.TXT を比較しています
***** test1.txt
    2:  bb
    3:  c
***** TEST3.TXT
    2:  bb
    3:  cc
*****


C:\>



関連ページ

comp ・・・2つのファイルをバイナリ比較する
copy ・・・ファイルをコピーする
xcopy ・・・ファイルをディレクトリ構造ごとコピーする
findstr ・・・文字列や正規表現を使って文字列を検索する
dir ・・・ファイル・ディレクトリの情報を表示する